こんにちは!naokiです(^-^)

そろそろデカいの当てないとヤバいです。


それでは予想へ↓

天皇賞(春)【GⅠ】


過去10年データを見てみよう。
このレースは『波乱傾向』か。

1番人気が馬券に絡んだのは3頭おり、その内2勝している。
2番人気は7頭で5勝。
3番人気は5頭で0勝。
二桁人気は4頭で0勝。

枠データ。
内枠がよい。
とくに1枠がよい。6頭馬券に絡み4勝している。

興味深いデータがある。
二桁人気で馬券に絡んだ馬は全て内枠。1~3枠。そして脚質はいずれも逃げ~先行タイプの馬。

前走データ。
阪神大賞典組が10頭馬券に絡んでいる。その内3勝。
続いて日経賞組は6頭で2勝。


さあ印し!
◎ユーキャンスマイル 7 浜中
○ミッキースワロー  5 横山典弘
▲ダンビュライト 4 松若
☆モズベッロ 1 池添
△フィエールマン 14 ルメール
穴エタリオウ 2 川田
大穴ミライヘノツバサ 9 木幡

本命はユーキャンスマイル。
中距離でも活躍しているが、本職は長距離。3000m以上の競馬となると、とても重要になるのが折り合い。そう。この馬の武器はまさに折り合い。スタートを五分で出て、内々の距離ロスの無い位置を確保するとピタッと折り合う。そして直線は馬群を割って抜け出す器用さと、切れ味も持っている。昨年の天皇賞(春)ではエタリオウなど周りの馬につられて、早めに仕掛けて、大外を回してしまい、敗北。それでも掲示板はキープしている。
今年は前哨戦の阪神大賞典を楽勝し、準備は整ったのだが、主戦の岩田康誠騎手が骨折休養。乗り替わりで浜中騎手。テン乗り。ここはプラス材料ではないが、大きなマイナス材料でもない。浜中騎手は菊花賞も制した事があり長距離不安なし。直線で、内を突くのも得意。ユーキャンスマイルとも手が合うはずだ。思いっきり信頼したい。

対抗にはミッキースワロー。
距離不安を指摘する方もいるとは思うが、そこは問題ない。前走、日経賞では不利な大外枠で、終始外を回る競馬。かなりの距離ロスをしても直線ゴール手前でグイっと伸びを見せている。これを考えると距離延長はむしろプラス材料。内目の枠を引けた今回は大チャンスで、横山典弘騎手なら距離ロスの無い経済コースに導いてくれるのは間違いない。

3番手にダンビュライト。
内枠の先行馬。このレースの好走タイプにフィットした。この馬は4勝しているが松若騎手
で3勝。京都コースも得意。逃げて粘り込みに期待したい。

4番手にモズベッロ。
最内枠の利を活かし、大舞台の池添騎手に夢を託す。

フィエールマンは実力NO,1だが、大外枠を嫌って5番手に。

エタリオウは内枠とテン乗り川田騎手に期待したい。

ミライヘノツバサはダイヤモンドステークスを勝利している割には人気がない。狙い目か。



いざ買い方!
・勝負馬券
・3連複軸1頭流し
・3連複軸2頭総流し
・3連単フォメ
・馬連流し
・馬単流し
・単勝

あとは応援するのみ!!
皆で競馬を楽しみましょう\(^o^)/